How to SETUP
STEP 01 テントを広げて空気孔があるフレームを一箇所ペグダウンする

キャンプ場で自分の好きな場所を選んで、風向きやテント内から見えるロケーションを吟味しながら、空気孔が付いているフレームを一箇所ペグダウンします。テントの正面で風を受けない事を意識しながら、好きなロケーションを選びましょう。

ペグの打ち込む角度は、テントに対して逆向き45°に打ち込んでください。テントと同じ方向に打ち込んでしまうと、風が吹いた時にペグの抵抗がなく、抜けて大切なテントが飛ばされてしまいます。風が強い時は、対角線のポールを仮止めすると風に影響され難くなるので、設営が楽になります。

STEP 02 ポンプでフレームに空気を送り込む

全ての空気孔が閉まっている事を確認し、ペグダウンしたフレームの空気孔から、ホースを差し込み空気を入れる。空気の適量はテントが自立後、ノズルが空気孔から自然に抜けるくらいです。寒暖差が多い季節は手でポンプと空気孔を押さえ2プッシュほど多めに入あげるのがポイントです。

いろいろ、試して自分の好きな空気量を見つけてくださいね。
全てのフレームに空気を適量入れたら、全ての空気孔の上蓋がしまっている事を確認してください。上蓋がきちんと閉まっていないと空気が漏れてテントが潰れしまいます。(笑)

STEP 03 ラインとフレームをペグダウンしてテントを固定する

一番最初に固定したペグを支点に各フレームを引っ張り、テントを貼っていきます。この時、最初のペグダウンと同じ様にペグの打ち込む角度は、テントに対して逆向き45°に打ち込んでください。テントと同じ方向に打ち込んでしまうと、風が吹いた時にペグの抵抗がなく抜けてしまいます。

ラインをきちんと固定することで、Xframeの持つ安定感を最大限に発揮することができるので、きちんと固定してください。

ANDAIR Xframe series

DAND-01 Xframe

DAND-01 Xframe

¥35,000 + Tax

DAND03の一人用モデル。オーバーシートとインナーを一体にすることで、広々としたメインルームを確保しながら軽量化を実現。前室をもうけることで、天候の変化にも柔軟に対応可能。

MORE Amazonで購入する
DAND-03 Xframe

DAND-03 Xframe

¥60,000 + Tax

Xフレームに支えられたメインルームはどんな環境でも適応可能。前室を居住空間として使用できるスペースを確保するためにUフレームを採用した3人用のファミリーモデル。

MORE Amazonで購入する
HAND-06 Xframe

HAND-06 Xframe

¥120,000 + Tax

安定感抜群のXフレームを最大限有効に活かすために設計された6人用モデル。
約6畳の広さで、天井高が最高2.3mの高さがある為、幅広い用途での仕様が可能。

MORE Amazonで購入する